政府は9日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「まん延防止等重点措置」の適用対象に東京、京都、沖縄の3都府県を追加すると決めた。期間は12日からで、京都と沖縄は5月5日まで、東京は5月11日までに設定する。対象地域は東京都が23区と武蔵野、立川、八王子、町田、調布、府中の6市、京都府が京都市、沖縄県は那覇市など本島の9市で調整する。西村康稔経済財政・再生相が9日午前、専門家で