立憲民主党の枝野幸男代表は27日、国会内で共産党の志位和夫委員長と会談した。次期衆院選へ選挙協力に向けた協議の開始で合意した。志位氏は小選挙区での候補の一本化に加え、野党の共通政策や政権のあり方も協議の対象にするよう提案した。枝野氏は会談後、記者団に「(候補の)一本化に向けた協力のあり方について話し合いを始めたい」と述