自民党文部科学部会の小委員会は27日、教員の質向上を巡る政府への提言をまとめた。高度な専門性を持つ教員を育てる教職大学院に関し、学部と大学院の「5年一貫型プログラム」を設けるよう記した。大学院修了までの期間を短くして進学しやすくし、優秀な人材をより多く現場に送る。小委の委員長は赤池誠章部会長が兼ねる。5年のうち最終年度は学校現場での勤務を経験させるなど、実践的な教育内容にする点も提唱した。