水害や土砂災害発生の恐れがあるときに自治体が出す「避難勧告」を「避難指示」に一本化する改正災害対策基本法が28日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。勧告と指示の違いの分かりにくさを解消し、逃げ遅れを減らす狙いがある。改正法は公布後1カ月以内に施行する。これまでは勧告が出ても指示が出るまで住民が避難せず、逃げ遅れて被災する例