参院憲法審査会は28日、今国会で初めて審査会を開き、各会派が憲法論議の考え方などを示した。実質的な審議は2018年2月以来、3年2カ月ぶり。与党が今国会で成立を目指す国民投票法改正案にも意見が集まった。与党などは同審査会での速やかな審議と採決を求めた。改正案は憲法改正に必要な手続きを定め、駅や商業施設で投票できる「共通投票所」の設置など16年の改正公職選挙法と同じ投票環境を実現する内容を盛る。