自民党の岸田文雄前政調会長は28日、同党候補が敗れた参院広島選挙区再選挙に言及した。「広島の特殊事情はあるが、それ以外にも『政治とカネ』を巡って厳しい目が注がれた」と話した。「自民党の体質みたいなものに対して国民は不信を持っているのではないか」と提起した。党本部で記者団に語った。岸田氏は党広島県連会長を務める。再選挙は自民党に所属していた河井案里前参院議員の買収事件を巡る当選無効に伴い実施され