大谷直人最高裁長官は、3日の憲法記念日を前に記者会見を開き、新型コロナウイルス禍で国民生活に多くの制限がかかる中、「今後は影響が法的紛争として表れる可能性もある。感染拡大防止と、紛争解決を使命とする司法の役割とを両立させつつ、国民の期待に応えるために全力を尽くす」と述べた。