茂木敏充外相は3日午前(日本時間同日午後)、訪問先のロンドンでブリンケン米国務長官と45分間会談した。米国が政権交代に伴う対北朝鮮政策の検証作業を終えたのを受け、新路線について説明を受けた。両氏は北朝鮮の完全な非核化が実現するよう日米で緊密に連携すると確認した。東シナ海や南シナ海での中国の海洋進出も議論した。一方的な現状変更の試みに強く反対した。3日に開幕する主要7カ国(G7)外相会合に先立ち