米国のサキ大統領報道官は4月30日、バイデン政権発足以来進めてきた対北朝鮮政策の見直しが終わったことを明らかにした。  北朝鮮核問題の本質をどう見るかによって、米朝関係の今後は大きく左右される。