【ロンドン=中島裕介】主要7カ国(G7)は3日からの外相会合を手始めに、6月の首脳会議(サミット)に向け閣僚会合を集中的に開く。中国への対処が全体を貫くテーマと言える。米国のトランプ前大統領時代に入った亀裂を修復し、共通の価値を示すG7の「復権」が焦点になる。「脅威の高まりや課題への対応が必要な今こそ、民主主義のグループを結集し団結を示すときだ」。議長を務める英国のラーブ外相は4日、G7外相会