自民、公明両党は5日、憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案を巡り、立憲民主党が示した修正案を受け入れる方針を確認した。複数の与党幹部が明らかにした。与党は6日の衆院憲法審査会で修正した改正案の採決をめざす。自公の幹事長、国会対策委員長は5日、都内のホテルで会談し、6日の採決に向け協議した。改正案は商業施設や駅に「共通投票所」を設け、期日前投票や洋上投票を拡充する内容。国政選挙や地方選挙に適