自民党の二階俊博幹事長は24日の記者会見で、2019年参院選で党本部が河井案里氏の陣営に支給した1億5千万円の活動費の責任に言及した。「党全体のことをやっているのは総裁と幹事長だ。組織上の責任は我々にある」と語った。林幹雄幹事長代理は「党務全般に関しては幹事長が責任を持っている」と話した。19年当時、党総裁は安倍晋三前首相で、幹事長は二階氏だった。二階氏は17日の記者会見で、1億5千万円