国の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターが24日開所した。国や自治体が接種スピードを上げるには医師による問診を円滑に進める体制が欠かせない。医師やワクチンの打ち手の確保とともに、看護師や薬剤師らを含めた効率的な運用が課題になる。菅義偉首相は24日、東京会場を視察後、記者団に接種の打ち手として救急救命士も活用する方針を表明した。「救急救命士や他の職種で血液検査などをしている団体とも調整