浜松市は「ターゲティング広告」と呼ぶ手法を使い地域を効果的にPRする。市のウェブサイトの閲覧情報などをもとに浜松に関心がありそうな人を選び出し、配信対象を絞り込んで観光や移住などを勧める広告を送る。財源が限られるなかデジタル技術を使って地域の魅力を効果的に発信し、観光などで「選ばれる街」をめざす。利用者の閲覧履歴などのデータから趣味や嗜好を分析し、個人の属性に応じて配信するターゲティング広告の