政府は新型コロナウイルスに伴う9都道府県への緊急事態宣言に関し、31日の期限を前に延長の検討を巡り対象地域や期間の協議に入る。大半は新規感染者数と病床使用率が4段階で最も深刻な「ステージ4」相当にある。菅義偉首相は専門家との合意点を探り週内にも判断する。宣言が今月末で期限を迎えるのは北海道、東京都、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県だ。宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を