高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場誘致につながる文献調査が進む北海道寿都(すっつ)町で25日、調査に反対の立場の越前谷由樹町議会議員(69)が10月の町長選に出馬の意向を表明した。6選を目指す片岡春雄町長(72)との間で20年ぶりの選挙戦となる構図が固まった。寿都町は2020年10月に片岡町長主導で調査への応募を決めたが、片岡町長は「肌感覚では賛成が多い」と話して住民投票や意向調査はせ