出入国在留管理庁は25日、「特定技能」の資格で日本に在留する外国人が2021年3月末時点で2万2567人だったと発表した。20年12月末の1万5663人から44%増えた。国籍別にみるとベトナムが6割強を占める1万4147人と最多だった。中国が2050人、インドネシアが1921人で続いた。「特定技能」制度の認知度が高まり、技能