新型コロナウイルスのワクチンは本来は国産で対応するのが望ましい。日本はかつてワクチン開発に熱心に取り組んでいたが、少子高齢化や副作用に関する国民への説明不足などで40年近く出遅れている。急にワクチンを開発するのは難しいだろう。国家戦略の中軸として位置づけ、研究開発体制と助成金制度を整える必要がある。海外のメガ・ファーマ(巨大製薬企業)と比較して日本は開発に費やせる金額が少ない。ワクチンは製造