立憲民主党は海上保安庁の体制を強化するため、国が5年ごとに船舶や港湾施設などの整備計画を策定することを柱とする「海上保安体制強化法案」の骨子をまとめた。党内手続きを経て、今国会への提出を目指す。