安倍晋三前首相は26日発売の月刊誌「Hanada」のインタビューで、菅義偉首相(自民党総裁)の後継総裁を指す「ポスト菅」候補に触れた。茂木敏充外相、加藤勝信官房長官、下村博文政調会長、岸田文雄前政調会長の4氏を順に挙げた。茂木氏について「誰もが手腕を評価している」と説明した。加藤氏は「私の臥薪嘗胆(がしんしょうたん)時代から支えてもらい、アピールせずに黙々と仕事をする珍しい政治家だ」と評した。