防衛省は26日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を巡る東京会場の予約状況を公表した。31日から6月6日までの接種分として用意した7万人分のうち、5月26日午後5時時点で予約済みは4万7千人分だった。空きは全体の3割強にのぼる。第2弾の予約は24日に始まった。大阪会場は受け付けから32分で3万5千人分の予約枠が埋まった。東京に比べて大阪の方が医療提供体制に切迫感がある