次期衆院選に向け、立憲民主党が主導する野党候補一本化の動きが停滞している。特に立憲と共産党は60超の小選挙区で競合し、調整の遅れが目立つ。社民党、れいわ新選組などリベラル票を分け合うとみられる各党との調整も手際の悪さが指摘されており、執行部への不満がくすぶっている。【古川宗、宮原健太】