全国知事会の危機管理・防災特別委員会は27日、災害時の死者・行方不明者の氏名公表に関するガイドライン(指針)案をまとめた。案は都道府県が現在とっている対応を3パターンに類型化し、警察や市区町村との調整など公表・非公表を判断する際に検討すべき事項を明記した。6月の知事会に提出し、正式決定する見通し。