菅義偉首相が緊急事態宣言の延長を諮問すると決めた。経済活動への打撃を考慮して宣言に慎重な姿勢を示してきたが、今回は首相が主導する形で判断した。国は十分な病床を確保するための強制力を持たない。感染抑止にはワクチンに依存するほかに有効な手がないとの認識がある。新型コロナウイルス対策の切り札と位置づけるワクチンを普及させる時間を確保し、宣言解除後に再び発令を出さざるを得なくなる事態を防ぐ。5月後半