自民党は28日の総務会で、LGBTなど性的少数者への理解増進に向けた法案の了承を見送った。佐藤勉総務会長は総務会後の記者会見で、今国会での法案成立について「不可能」と説明した。法案を党三役で預かると決め、今国会への提出を断念する方針だ。会期末は6月16日に迫る。提出して次期国会へ継続審議としても、10月の衆院議員の任期満了を迎えれば廃案になる可能性がある。佐藤氏は「なかなか審議ができない状況で