与党は28日の参院憲法審査会幹事懇談会で、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案について、6月9日の採決を提案したが、野党は回答を保留した。同2日の審査会では、参考人質疑や自由討議を行うことで一致した。自民党の二階俊博、立憲民主党の福山哲郎両幹事長は改正案に関し、6月16日の今国会会期末までに成立