北朝鮮では最近、金正恩朝鮮労働党総書記の提唱とされる構想がさまざまな形で打ち出され、同時に金総書記の位置づけにも重要な変化がうかがわれる。 「社会主義強国」構想を提起