卵や牛乳、小麦など特定の食品を食べるとじんましんなどを発症し、重症の場合は命に関わることもある食物アレルギー。原因となる食物を完全に取り除くのではなく、専門医の指導のもとで少量摂取する「食べる治療」で早期に改善できることが、最近の研究で分かってきた。将来、食物アレルギーに苦しむ子どもを大幅に減らす