加藤勝信官房長官は31日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンを巡り、7月中の高齢者接種完了を条件に、自治体が独自に特定職種などの優先接種順を設定することについて「各自治体の裁量によって柔軟な対応が可能だ」と述べ、容認する考えを示した。