虐待などを受けた子どもを児童相談所(児相)が一時保護したり、児童養護施設に委託したりする際、子ども本人の意見を聴くことが法律で義務づけられる見通しになった。相次ぐ子どもの虐待死事件を受けた対応で、政府は来年にも児童福祉法を改正する方針。国連は「子どもの権利条約」にある「意見表明権」の保障について、