岸信夫防衛相は1日の参院外交防衛委員会で、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの新規予約枠が7月から減少する見通しを示した。5月24日のセンター開設直後に来場した人が、7月上旬から2回目の接種を受け始めることを理由に挙げた。東京と大阪の両会場では現在、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、京都、兵庫の7都府県の住民を対象に、1日合計1万5000人超の新規予約を受け付けている。7月に入ると1