新型コロナウイルスワクチンの発展途上国への供給加速策を主要国などで話し合う「COVAX(コバックス)ワクチンサミット」が2日夜、オンライン形式で開催された。菅義偉首相が議長を務め、国内向けに確保したワクチンのうち約3000万回分を途上国支援の国際枠組み・COVAXなどを通じて海外に提供すると表明。