加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、北海道稚内市沖で操業中だった稚内機船漁協所属の底引き網漁船「第172栄宝丸」がロシア当局に拿捕(だほ)・連行されたことに関し、「分析の結果、漁船は日本のEEZ(排他的経済水域)内で操業していたと認識するに至った」と明らかにした。日本政府は2日から3日にかけ、外交