政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が国会で連日、東京五輪・パラリンピックによる感染拡大や医療体制への影響に警鐘を鳴らす。大会規模の縮小や対策強化を唱え、感染症の専門家として提言をまとめる方針も示した。尾身氏は3日の参院厚生労働委員会で「開催すれば国内の感染、医療の状況に必ず影響を起こす」と指摘した。「感染リスクや医療逼迫の影響を評価するのがわれわれの責任だ。早い時期に考えを表