河野太郎行政改革担当相は8日の記者会見で、自治体職員が建築基準法など各法令に基づき民間施設に立ち入り検査する際に必要な「身分証」が269種類に上るとして、1種類の様式に共通化すると発表した。今秋をめどに、法令を所管する関係省庁が省令で統一した身分証の様式を決める。