政府の経済財政諮問会議は9日、経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)の原案をまとめた。新型コロナウイルス対応を機に再検討すべき課題に「国と地方の新たな役割分担」を挙げた。保健所への指揮系統を明確にし、病床も国が地域を越えて融通できるよう法整備する。首相官邸の意向を反映しやすい仕組みにし、政治主導で迅速に対処する。原案はコロナ禍での「医療提供体制の広域的対応の遅れ」を指摘した。反省を生かし、