防衛省は10日、在日米軍の日本国内の施設で働く従業員に米軍が新型コロナウイルスワクチンを接種すると発表した。通訳や事務職員、車両の運転手ら2万6000人のうち、希望者が対象になる。米軍が保有するファイザー製かモデルナ製のワクチンを使う