自民党の「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」は10日、婚姻前の姓を引き続き使えるようにする法改正などを求める中間取りまとめを発表した。法改正の際には、夫婦と子が一つの戸籍に記載される現行の戸籍制度の原則を維持することや、子の利益・福祉を考慮した制度にすることも求めている。