政治の女性参画拡大をめざす改正推進法が今国会で成立した。女性議員や候補者を増やすため国や自治体にセクハラやマタニティーハラスメント(マタハラ)の防止策を求めるのが柱。識者に聞いた。水無田気流・国学院大教授「実効性の確保が不可欠に」 一歩前進といえるが女性議員の選考は政党の努力義務にとどまった。日本の政治文化は議員が要職に就くために当選回数や派閥の要素が強く新規参入が乏しいという特徴がある。罰