人事院は21日、キャリア官僚(幹部候補)となる国家公務員総合職の2021年度採用試験の合格者を発表した。合格者は1834人で、倍率は7.8倍と現在の試験制度が始まった12年度以降で最低だった。女性の合格者は全体の30.6%にあたる561人だった。3割を超えるのは2年ぶり。過去最高の19年度(31.5%)に次ぐ水準だ。女性比率は上昇傾向にあり、現行制度になった12年度と比べると21年度は8ポイン