河野太郎行政改革担当相は21日、米ファイザー社製と米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンの接種効果について「1年間は持つ」とした自らの発言を軌道修正した。12~15歳へのワクチン接種時期を巡る発言も訂正するなど「勇み足」との批判を招きかねない言動が続いている。