公明・秋野公造参院国対委員長「コロナ対策でも役割」厚生労働省は多様な患者を診る総合診療医を育てる方針を掲げている。風邪や腹痛を含む幅広い疾患に各地で素早く対応する狙いがある。発症後の初期症状をすぐにおさえ、継続した健康管理で早期発見や治療につなげる。同じ医師が1人の患者の複数の疾患を続けて診るため、患者の状況を把握しやすくなる。検査の重複や無駄な投薬も避けられる。日本はこれまで専門医の育