東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が検討する競技会場での酒類販売を巡り、与野党から22日、慎重論が相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「禁止くらいは考える必要がある」と語った。「誰が考えてもなるほどと思う結論を見いだすのが大事だ」と述べた。公明党の山口那津男代表は記者会見で「慎重に検討していただきたい」と話した。立憲民