元NHK記者である立憲民主党の安住淳国対委員長は23日、ジャーナリストで評論家の立花隆氏が死去したことについて「昭和時代にマスコミを目指した人間にとって、立花さんは人生の目標で、偉大な人だった」と悼んだ。