近年、企業の事業形態の多様化などにより、個人請負、業務委託など雇用契約によらない契約方式、いわゆる「雇用類似の働き方」とか「曖昧な雇用関係」と称される就業者が増えている。内閣官房の推計では462万人、就業者の7%弱であるが、民間機関の調査では1000万人に近いものもある。