原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡る文献調査が進む北海道寿都町で、調査に反対する越前谷由樹町議(69)が23日、10月に予定される任期満了に伴う町長選への立候補を正式表明した。「文献調査を撤回し、町民が主役のまちづくりを進めなければいけない」と語った。調査応募に踏み切