学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんの経緯をまとめた「赤木ファイル」公開を受け、立憲民主党など野党は24日、国会内で合同ヒアリングを開き、改ざん問題に関する同省調査報告書の修正を求めた。野党は通常国会の閉会で「見せ場」が減る中、各委員会の閉会中審査などを活用し、政府への追及姿勢を強める