政府は25日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種について、企業などからの申請の受け付けを一時休止した。申請が殺到しワクチンの供給が追いつかなくなる懸念があるためで、既に承認した分を含め過剰な申請を調査する。河野太郎規制改革相は25日の記者会見で、米モデルナ製ワクチンを職場接種へ3300万回分割り当てると発表した。職場接種のワクチンの上限数を初めて示した。