25日告示の東京都議選小平市選挙区(定数2)はいずれも新人で立憲民主党の竹井庸子氏(55)と自民党の磯山亮氏(41)の他に立候補の届け出がなく、両氏の無投票当選が決まった。都選管によると、都議選の無投票当選は1951年の伊豆七島選挙区(当時)、63年の八王子市選挙区に次いで3例目で、58年ぶり。【