政府は28日、インドネシアとウガンダからの入国者を対象に新型コロナウイルスの水際対策を7月1日から強化すると発表した。検疫所が確保した宿泊施設で6日間の待機を求める。ロシアのモスクワなどから入国した人にも3日